07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

亜人種ネトゲプレイ 

  : 

暗黙ルールは知らないルール

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

平凡…でもない夢 

何か久々に予知じゃない夢を見た
異常なほど設定を覚えているので
追記にでも書く
主人公というものは存在していなく
ちょっと変なお話

この世界では
禁忌と書いてテリトリーと読む変な能力があった
その力は発動すれば様々なことが起きる

ある人物は自分自身の時間を2倍にする能力
1秒が2秒に 1日が48時間になる
別の人物は肩甲骨から翼が生える能力
空を飛べたり 鋭い羽を飛ばしたり出来るようになる

だが、発動条件もまたそれぞれ違った
時間を2倍にする能力の発動条件は
他人にキスをしてその人物の時間を奪う
その人物から承諾を得ないと発動不可

翼が生える能力の発動条件は
羽がある生物の毛を食うこと

だが、能力の代償が二つある
ひとつは禁忌が発動中は何かしら機能が使えない
時間を2倍にする代償は音が聞こえない
羽が生える代償として足が動かない

そして二つ目の代償
禁忌を解除するための条件があり
それを自分以外のものにされると
1時間の間 禁忌を奪われる
その間自分は動けない

などという
自分で何かの力を考えるという
自我があるんだか ないんだかよくわからん夢だった
どう考えてもこれはラノベの設定だよなぁ
スポンサーサイト
夢話  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://asutorarumeizu.blog43.fc2.com/tb.php/379-d52a3827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。